LEARN JAPANESE FROM BASIC TO ADVANCED ON

nihongomax.com

About Jobs in Japan

Learn Japanese by these Ques Ans & Translation

This is the best way to Master Japanese language

Q.25 Types of Jobs in Japan


日本で就職の種類

There is a high demand for skilled labor in Japan and they are actively searching for the person who knows Japanese language and is willing to work long time in Japan on work visa. There are Job requirements in almost every sector in Japan for example: Engineering: Many Japanese companies (including those in the electronics, automotive and heavy manufacturing industries) are open to hiring foreign engineers. Information Technology: Heavy demand in IT is from India and many Japanese companies are building onsite and offsite platforms that can train and hire Japanese language knowing engineers in shortest time possible. Investment Banking: Japanese investment banks are hiring foreigners from India and other Asian countries. Those who know Japanese language or can learn in a short time are given with hiring offer and a few months on job training. Investment banks hire not only for accounts but for general marketing and IT staff members. English Teacher: It has become the easiest and well used path to settle in Japan for foreigners. However these days it has become so popular that there is a steep rise in competition and due to the enormous supply, it has become very difficult for Asians to become an English teacher and earn a good amount of salary. Office Work (General): These jobs are primarily based on you Japanese language skills. If you have valid visa any white collar job you can grab if you Japanese language skills are acceptable to the company. Service Industry (General): Service Industry having the same criteria as mentioned above for the office worker in Japan, uses “Keigo” (Honorific Japanese Language) more often so it is advised to work as a normal officer for first few years in Japan before shifting to this. Small Business: A few examples where you can work in Japan as a member of a small but growing entity, be it a start up firm, fund raising organization or an individual in requirement of assistance staff members, account managers, Hiring professionals, marketing professionals, infrastructure management team, localization or product distribution staff. Few examples can be Photographers, Amazon product distributers, Wild life Videographers, Survey staff, Bar owners, Restaurant owners, Japanese language School management, Sales and recruiters, Governmental Research and Development staff, or even Television presenters or models.

日本では熟練労働者の需要が高く、日本語を知り、日本で長く働く意欲のある人を積極的に探しています。たとえば、日本のほぼすべてのセクターに職務要件があります。 エンジニアリング:多くの日本企業(電子機器、自動車、重工業を含む)は外国人エンジニアを雇うことを受け入れています。 情報技術:ITに対する大きな需要はインドからのものであり、多くの日本企業は、日本語を知っているエンジニアを可能な限り短時間でトレーニングおよび雇用できるオンサイトおよびオフサイトのプラットフォームを構築しています。 投資銀行:日本の投資銀行は、インドや他のアジア諸国から外国人を雇用しています。日本語を知っている、または短時間で学べる人には、採用オファーと数ヶ月の職業訓練が提供されます。投資銀行は、口座だけでなく、一般的なマーケティングおよびITスタッフのメンバーにも採用しています。 英語教師:外国人が日本に定住するのに最も簡単でよく使われる道になりました。しかし、最近は競争が激化するほど人気が出ており、その供給量が非常に多いため、アジア人が英語教師になって高額の給料を稼ぐことは非常に困難になっています。 オフィスワーク(一般):これらの仕事は主にあなたの日本語力に基づいています。有効なビザをお持ちの場合、ホワイトカラーの仕事であれば、日本語のスキルが会社に受け入れられれば取得できます。 サービス産業(一般):日本のサラリーマンについて上記と同じ基準を持つサービス産業は、「敬語」を頻繁に使用するため、日本では最初の数年間は通常の役員として働くことをお勧めします。これにシフトします。 中小企業:新興企業、資金調達組織、または支援スタッフ、アカウントマネージャー、雇用専門家、マーケティング専門家を必要とする個人など、小規模ながら成長している企業のメンバーとして日本で働くことができるいくつかの例、インフラストラクチャ管理チーム、ローカリゼーションまたは製品配布スタッフ。例としては、写真家、Amazon製品の販売業者、野生生物のビデオグラファー、調査スタッフ、バーの所有者、レストランの所有者、日本語学校の管理者、販売および採用担当者、政府の研究開発スタッフ、さらにはテレビの司会者やモデルなどがあります。