LEARN JAPANESE FROM BASIC TO ADVANCED ON

nihongomax.com

About Jobs in Japan

Learn Japanese by these Ques Ans & Translation

This is the best way to Master Japanese language

Q.4 Starting Job Interview in Japan


日本で就職面接を開始

The most important thing after having good command over Japanese language to get a job in Japan is having a valid visa already with you and even better if you are currently staying in Japan. There is large information about Job interviews in Japan and the first basic step that you can get your interview placed is through an agent or the trusted sites that mostly work for free and you are good to go. Now the main thing here to remember is that Japanese Job interview has an equal importance of your business mannerisms as your qualifications. This may sound obvious to many of us, but you must wear an appropriate business suit or formal dress with your hair being tidy cut and you are cleanly shaven. You don’t get a second chance to give your first impression. Correct behavior begins before you even enter the interview room. Here is the full play-by-play of how to behave when first arriving for your interview in Japan: 1. Knock on the door three times and say: Shitsurei shimas 2. Wait. Do not enter the room until you hear the interviewer say: Douzo 3. Enter the room, close the door, face the interview panel and say shitsurei shimas again. Bow. 4. Walk to your chair, stand beside it and say: “__(Your Name)____to moushimas. Douzo yoroshiku onegai shimas” “My name is_____, it is a pleasure to meet you,” 5. Bow again. 6. The interviewer will then indicate you to sit down. 7. The way you sit is important: you should be sitting up straight and not leaning back, your legs should be together and your hands should be flat on your legs. The first question you will mostly get is some version of “Jiko shokai” means self-introduction. The best way to introduce yourself is to be short covering your latest activities, whether work history or university courses, and a little about yourself, such as hobbies and passions. Don’t go into too much detail. Keep in mind that this, along with anything else you say during a Japanese interview, should at least be in the polite form.

日本で就職するための最も強力なポイントは、すでに有効なビザを持っていることです。現在日本に滞在している場合はさらに良いでしょう。さまざまな情報の中には、ほとんど無料で機能するエージェントまたは信頼できるサイトを通じて面接を行うことができる最初の基本的なステップがあります。ここで覚えておくべき主なことは、日本の就職の面接はあなたの資格と同じくらいあなたのビジネスマナーを重要視しているということです。 洗練された専門家には当たり前に聞こえるかもしれませんが、髪をきれいにカットし、ひげをちゃんと剃り、適切なスーツまたはフォーマルドレスを着用する必要があります。第一印象で二度目のチャンスはありません。 面接室に入る前から正しい行動が始まります。面接に最初に到着したときの振る舞いの完全な実況は次の通りです。 1.ドアを3回ノックして、「失礼します」と言います。 2.面接官に「どうぞ」と言われるのを聞くまで、部屋に入らないでください。 3.部屋に入り、ドアを閉め、面接官に向かい、もう一度「失礼します」と言います。 4.椅子まで歩いて、その横に立って、次のように言います。「私の名前は _(名前)_ と申します。どうぞ、よろしくお願いします。」 5.もう一度お辞儀をします。 6.面接官は、あなたに座るように勧めるほうに座ってください。 7.座る方法は重要です。まっすぐに座って、後ろにもたれかかってはいけません。両足は一緒になっていて、両手は両足で平らでなければなりません。 そして、主に受ける最初の質問は、「自己紹介」です。 自己紹介の最良の方法は、職歴や大学のコースなど、最新の活動について簡単に説明し、趣味や情熱など、自分自身について少し説明することです。あまり詳しく説明しないでください。これは、日本の面接であなたが言うことと同様に、少なくとも礼儀正しい形でなければならないことを覚えておいてください