LEARN JAPANESE FROM BASIC TO ADVANCED ON

nihongomax.com

About Jobs in Japan

Learn Japanese by these Ques Ans & Translation

This is the best way to Master Japanese language

Q.41 Jobs in India in Japanese language


インドで日本語分野での仕事

Japan is the biggest investor in India. Most MNCs are Japanese. So, Numerous Japanese companies are planning to establish and organize their business in India in the next couple of years. Consequently, there is a rise in the requirement of people who are well-versed with Japanese language. There are handsome salaries for the resources those are proficient in Japanese. What kind of jobs after Japanese? One can make his/her career in any of the following profiles: Translation -Conversion of Documents written in Japanese to English or vice-versa Interpretation - Conversion of spoken Japanese to English or vice-versa Voice co-ordination –Language support in Teleconferences or Meetings over the phone Outbound process- Language support in BPOs Teaching – Adding value by teaching Japanese in Schools, Corporate Offices or Institutes Travel and Tourism Also, Work in Japan and earn a good salary At what level I can start looking for jobs? Here comes pretty tough news. The demand is rising, so is the competition. Earlier people with basics only were placed easily and instantly. However these days, at least intermediate level is required. That comes after at least 100 classes of study given here in series and strictly as told in audios. Good news Did you read the last line? Yes! Only hundred classes by learning the smarter techniques will open your way for a job in Japanese MNCs. Not only will it help you in Japanese language but also understanding Japanese business mindsets that helps you cracking interview and get placed over various profiles like-Translation, Interpretation, Voice co-ordination, Language support, Outbound process- Language support in BPOs How do I get placed? The minimum requirement to get a job in a Japanese MNC as an interpreter, translator or a coordinator is either good spoken Japanese or JLPT N3 level. Whenever you feel confident, just post your simple CV with details at our JOBS page.

日本はインドへの最大の投資家です。ほとんどの多国籍企業は日本人です。そのため、多くの日本企業が今後数年以内にインドで事業を確立し、組織化することを計画しています。その結果、日本語に精通した人々の要求が高まっています。 日本語が堪能なリソースにはかなりの給料があります。 日本人の後はどんな仕事? 次のプロファイルのいずれかで彼/彼女のキャリアを作ることができます: 翻訳-日本語で書かれた文書の英語への変換、またはその逆。 解釈-話し言葉の日本語から英語への変換、またはその逆。 音声調整–電話による電話会議または会議での言語サポート アウトバウンドプロセス-BPOでの言語サポート 教育–学校、企業のオフィス、または研究所で日本語を教えることによる付加価値 旅行と観光 また、日本で働き、良い給料を稼ぐ どのレベルで仕事を探し始めることができますか? ここにかなり厳しいニュースがあります。需要が高まっているので、競争も高まっています。基本的なものしか持っていない初期の人々は、簡単かつ即座に配置されました。しかし、最近では、少なくとも中級レベルが必要です。これは、ここでシリーズで、厳密にオーディオで説明されているように、少なくとも100クラスの学習の後に行われます。 良いニュース 最後の行を読みましたか?はい!よりスマートなテクニックを学ぶことによってたった100のクラスが日本の多国籍企業での仕事への道を開くでしょう。日本語で役立つだけでなく、面接をクラックし、翻訳、通訳、音声調整、言語サポート、アウトバウンドプロセス-BPOでの言語サポートなどのさまざまなプロファイルに配置されるのに役立つ日本のビジネスマインドセットを理解するのにも役立ちます どうすれば配置できますか? 日本語の多国籍企業で通訳、翻訳者、コーディネーターとして就職するための最低要件は、日本語が上手なレベルかJLPTN3レベルのいずれかです。自信があるときはいつでも、私たちのJOBSページに詳細を記載した簡単な履歴書を投稿してください。