LEARN JAPANESE FROM BASIC TO ADVANCED ON

nihongomax.com

About Jobs in Japan

Learn Japanese by these Ques Ans & Translation

This is the best way to Master Japanese language

Q.17 Indian community and restaurants in Japan


日本でのインド人コミュニティと料理屋

There are hell lot of Indians piled up now in Japan be it Osaka, Tokyo, Nagoya, Saitama, Chiba, Toyama, Kobe, Fukuoka, Akita, Hiroshima, Kawasaki or even in remote areas. Before the 2020 pandemic, the number of Indians shifting to Japan surged so high that the immigration has to update their system and many regulations that govern the number permitted for Visa. So there is no scarcity of Indian community or Indian students and also there are well established Indian families living in Japan since very long with their children getting complete nationality with equal rights of education etc. Consequently, there are a large number of Indian restaurants as the main source of income of Indians comes from food. Indian food is also very popular and considered delicious in Japan and the number of Japanese people who really like eating Indian food are not less in Japan. They serve all kind of main variety and exist almost everywhere in Japan if searched on internet. Also they vend Indian spices and pickles too so that the person can help himself by cooking on its own and don’t miss the Indian taste there. Japanese food taste and type differs completely from Indian cuisine. Though Japanese food is also very tasty and healthy, but it is just opposite in comparison to Indian food in few aspects. However if you are thinking to have food in an Indian restaurant on a daily basis, 3 times a day, that might not be possible if cost and health prospective is considered. Since in Japan the main parts of Indian food raw material is imported or purchased from other sources, it eventually becomes very costly to prepare with all good quality standards and that’s why the cost has to be inevitably high. It is so high that ironically it becomes luxury food for normal salaried person and thus it is not likely to make it as your daily food source. Same holds for the health point of view.

現在、日本には大阪、東京、名古屋、埼玉、千葉、富山、神戸、福岡、秋田、広島、川崎、さらには遠隔地など、非常に多くのインド人が山積みになっています。 2020年のパンデミックの前に、日本に移住するインド人の数は非常に急増したため、移民はビザの許可数を管理するシステムと多くの規制を更新する必要がありました。そのため、インド人コミュニティやインド人学生の不足はなく、子供たちが平等な教育を受ける権利などを持って完全な国籍を取得していることから、日本には定評のあるインド人家族が住んでいます。その結果、インドのレストランがたくさんあります。インド人の主な収入源は食物から来ています。インド料理も非常に人気があり、日本では美味しいと考えられており、インド料理を食べるのが本当に好きな日本人の数も少なくありません。それらはあらゆる種類の主要な品種を提供し、インターネットで検索すると日本のほとんどどこにでも存在します。また、インドのスパイスやピクルスも販売しているので、自分で料理をして、そこでのインドの味を逃さないようにしています。日本料理の味と種類はインド料理とはまったく異なります。日本食もとても美味しくてヘルシーですが、インド料理とは少し逆です。ただし、インド料理店で1日3回、毎日食事をすることを考えている場合、コストと健康の見通しを考慮すると、それは不可能な場合があります。日本では、インドの食品原料の主要部分が他のソースから輸入または購入されているため、最終的にはすべての優れた品質基準で準備するのに非常にコストがかかります。そのため、必然的にコストが高くなる必要があります。皮肉なことに、それは普通のサラリーマンにとって贅沢な食べ物になるほど高いので、あなたの毎日の食料源としてそれを作ることはありそうにありません。健康の観点からも同じことが言えます。