LEARN JAPANESE FROM BASIC TO ADVANCED ON

nihongomax.com

About Jobs in Japan

Learn Japanese by these Ques Ans & Translation

This is the best way to Master Japanese language

Q.6 HR (Interpersonal) interview questions


個人面接質問

Next they can ask about your relevant background. However, the interviewer will also want to dig deeper about any experience you mention and ask for more specific examples. Let’s say that it was a sales position. In this case, they might ask: “Please tell us about your experience in sales.” In order to see what you are like, especially in regards to working under pressure, the interviewer will ask you the following: “How do you deal with pressure? Please explain exactly how you would cope” Both questions are asking how you would handle pressure. Other question they may ask like what kind of work discourages you, so be sure not to say anything which is very different to the job role you have applied for! Or how do you manage troubleshooting at work? Troubleshooting questions are perhaps the type of question that everyone dreads most, as they can be hard to anticipate. In particular, the interviewer may give you a tricky scenario in which you must decide on a solution. At a basic level you may get questions like these: “What do you do if you can’t make a deadline?” “If you can’t manage your workload well, what would you do?” These two questions are quite similar; the first one is asking about if you can’t keep to a deadline so you have to think of an appropriate answer for what you would do in this situation. The second question is a little bit more focused on how you deal with time management problems. It is always best to prepare several examples as responses prior to your interview. Other question also asks you to explore a hypothetical situation: “If you come across a problem during work, how would you resolve it?” “At work there is someone that you don’t get along with well. What would you do to get along with them?” Dealing with more interpersonal issues, like what kind of person you don’t get along with and what you would do in that situation. I would really highlight in your answer that there isn’t a specific type of person that you don’t get along with, but if there was you would use your communication skills to overcome this kind of issue. “If you have a work colleague you don’t agree with how would you approach this situation? How would you come to an understanding?” This question is asking if you have a difference of opinion with a work colleague, again I would highlight communication skills in your answer and try to make it clear that you get along with people quite well. “How do you deal with difficult people?” This is similar to the previous question but the interviewer is asking more directly what you would do if another person was difficult. You can think in terms of difficult customers rather than difficult colleagues. Your applicable experiences and skills and an essential part of the interview is about your strengths, but the interviewer may also ask about your weaknesses: “Can you tell us about your strengths/weaknesses?” And provide examples of your weaknesses. As a rule of thumb, you should prepare three examples of strengths prior to any interview. For anything you are not good at, you should also include an explanation of how you are overcoming it. Alternatively, the interviewer may go straight into asking you about your experience. For example: “How do you think your experience matches the position?” For example, you can talk about specific job roles that you have had which make you a suitable match for the job you are interviewing for. A similar question, but in regards to skills, would be: “How do you think your skills match the position?” “If you compare yourself to someone else, how would you do work differently?” This can be a hard question to answer, but you can highlight your personal qualities. For many jobs the interviewer will be curious about how your communication skills rank as one of your personal qualities or strengths, so they may well ask: “If you think of a new idea, how would you convince your superior about it?” it’s about having an idea and how you would persuade people about it. It is helpful to think of a past example to include in your answer.

次に、面接官はあなたの該当する背景について尋ねる可能性があります。 ここでは、面接官は、あなたが言及した経験についてさらに深く掘り下げ、より具体的な例を求めたいかもしれない。仮に、それがセールスポジションだったとしましょう。この場合、「あなたの販売経験について教えてください。」と聞かれるかもしれない。 特にプレッシャーの下で働くことに関して、あなたがどのようなものかを見るために、面接官はあなたに次のことを尋ねます: 「プレッシャーにどのように対処しますか?どのように対処するかを正確に説明してください。」 どちらの質問も、プレッシャーにどのように対処するかを尋ねています。 他の質問は、どのような仕事があなたを落胆させるかなどですので、自分が応募した職務とは大きく異なることは何も言わないでください! または、職場での問題対応をどのように管理しますか?問題対応の質問は、予測が難しいため、おそらく誰もが最も恐れるタイプの質問です。特に、面接官は、解決策を決定しなければならない複雑なシナリオを提供する場合があります。基本的なレベルでは、次のような質問が表示される場合があります。「締め切りに間に合わなかったらどうしますか?」あるいは 「ワークロードを適切に管理できない場合は、どうしますか?」 これらの2つの質問は非常に似ています。 1つ目は、締め切りに間に合わないかどうかを尋ねるので、この状況で何をするかについて適切な答えを考える必要があります。 2番目の質問は、時間管理の問題にどのように対処するかにもう少し焦点を当てています。 面接の前に、回答としていくつかの例を準備することが常に最善です。 他の質問でも、架空の状況を調査するように求められます。 「仕事中に問題が発生した場合、どのように解決しますか?」 「職場では、うまくやっていない人がいます。彼らと仲良くするためにあなたは何をしますか?」 どんな人と仲良くならないのか、その状況で何をするのかなど、より対人的な問題に対処します。私はあなたの答えの中で、あなたが仲良くしていない特定のタイプの人はいないことを本当に強調しますが、もしあれば、あなたはこの種の問題を克服するためにあなたのコミュニケーションスキルを使うでしょう。 「職場の同僚がいる場合、この状況にどのように取り組むかについて同意しませんか?どうやって理解するのですか?」 この質問は、同僚と意見の相違があるかどうかを尋ねています。ここでも、回答の中でコミュニケーションスキルを強調し、人々とうまくやっていることを明確にしようと思います。 「難しい人にどう対処しますか?」 これは前の質問と似ていますが、面接官は、他の人が困難だった場合にどうするかをより直接的に尋ねています。難しい同僚ではなく、難しい顧客の観点から考えることができます。あなたの適用可能な経験とスキル、そして面接の本質的な部分はあなたの長所についてですが、面接官はあなたの短所についても尋ねるかもしれません。「あなたの長所/短所について教えてください」。そして、あなたの弱点の例を提供してください。経験則として、面接の前に3つの長所の例を準備する必要があります。苦手なことについては、それをどのように克服しているかについての説明も含める必要があります。 あるいは、面接官があなたの経験について直接尋ねることもあります。例えば: 「あなたの経験はどのようにポジションと一致すると思いますか?」 たとえば、面接対象の仕事に適した特定の職務について話すことができます。同様の質問ですが、スキルに関しては次のようになります。 「あなたのスキルはどのようにポジションと一致すると思いますか?」 「自分を他の人と比較すると、どのように違う仕事をしますか?」 これは答えるのが難しい質問かもしれませんが、あなたはあなたの個人的な資質を強調することができます。多くの仕事で、面接官はあなたのコミュニケーションスキルがあなたの個人的な資質や強みの1つとしてどのようにランク付けされるかについて興味を持っているので、「新しいアイデアを考えたら、それについて上司をどのように説得しますか?」 それはアイデアを持ち、それについて人々をどのように説得するかについてです。あなたの答えに含めるために過去の例を考えることは役に立ちます。