LEARN JAPANESE FROM BASIC TO ADVANCED ON

nihongomax.com

About Jobs in Japan

Learn Japanese by these Ques Ans & Translation

This is the best way to Master Japanese language

Q.31 About Language Schools in Japan


日本で日本語学校などについて

Usually schools in Japan give classes on daily basis and the guide students about part time Jobs so that the language level goes high in shortest time possible. Most students perform well by studying Japanese at a language school since the classes and Job is the key to fast learning of Japanese language and culture. This also helps students to make them able to get permanent job in Japan after finishing of Study course. JLPT level also increases very fast and an N5 pass student goes up to N3 or N2 in one year because they make you study in that fashion. You can apply for one year or two years Japanese language course for Study in Japan program. Japanese people are not very good at English and the universities’ only offer a few programs in English. So if you want to study in Japan for a longer period of time then you had better start by learning Japanese. There is no point studying in English by going to Japan. We recommend you to study a course in English in India or on some other country and Study Japanese Language by enrolling yourself in Japan. If you are a beginner you have to study Japanese in India first for about 6 months and clear at least N5 of JLPT to make sure your Study visa for Japan gets a smooth processing without any difficult interview screening. After going to Japan you will feel there is not much difference in schools curriculum or even the quality of Part-time jobs. Almost everything is unified in Japan. Tokyo may be bit expensive as we have mentioned earlier too. But rest of the cities will have same commodity prices, the quality of Study and schools systems. Once you master the Japanese language you can continue your studies at a Japanese university or a Senmon Gakko – a Japanese vocational College. Or you can return to your home country or peruse a Job in Japan. Also, there are videos about this topic on our YouTube Channel “Nihongomax” about it. Don’t forget to check it out.

通常、日本の学校では毎日授業を行い、アルバイトを指導することで、最短時間で語学力を高めています。授業と仕事が日本語と日本語の文化を早く学ぶための鍵であるため、ほとんどの学生は語学学校で日本語を勉強することでうまくやっています。これはまた、学生が学習コースを終了した後、日本で永続的な仕事を得ることができるようにするのに役立ちます。 JLPTレベルも非常に速く上昇し、N5パスの学生はあなたをそのように勉強させるので1年でN3またはN2に上がります。日本留学プログラムでは、1年または2年の日本語コースに申し込むことができます。日本人は英語があまり得意ではなく、大学は英語でいくつかのプログラムしか提供していません。ですから、日本でもっと長く勉強したいのなら、日本語を学ぶことから始めたほうがいいです。日本に行って英語で勉強しても意味がありません。インドや他の国で英語でコースを勉強し、日本に入学して日本語を勉強することをお勧めします。初心者の方は、まずインドで約6ヶ月間日本語を勉強し、JLPTのN5以上をクリアして、面接の面接が難しくなく、日本留学ビザがスムーズに処理されるようにする必要があります。日本に行った後は、学校のカリキュラムやアルバイトの質に大きな違いはないと感じるでしょう。日本ではほとんどすべてが統一されています。先ほども言ったように、東京は少し高いかもしれません。しかし、残りの都市は同じ商品価格、研究の質、学校制度を持っています。 日本語をマスターしたら、日本の大学や日本の専門学校である専修学校で勉強を続けることができます。または、母国に戻るか、日本での仕事を熟読することができます。 また、YouTubeチャンネル「Nihongomax」にこのトピックに関するビデオがあります。ぜひご覧になってください。